医院名:高橋歯科矯正歯科クリニック 成人矯正サイト 
住所:〒115-0045 東京都北区赤羽1-40-14 赤羽一番街ビル2階 
電話番号:03-3901-8911

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使った矯正はワイヤー矯正に比べ、痛みも少なく目立ちにくいため、快適に矯正治療を行っていただくことが可能です。

マウスピース装置を装着して矯正していきますが、このマウスピース装置の形を少しずつ変えることによって、歯は少しずつ正しい位置に動いていくのです。

マウスピース装置はワイヤー矯正のように痛みを感じることも少なく、違和感も感じにくいため、矯正治療中のストレスもほとんど感じることがありません。

更に、食事や歯磨きの際には取り外すことも可能となっており、矯正をしていない時と同じように食事や歯のお手入れが出来るため、とても衛生的でお口の中を健康に保つことが出来ます。

インビザラインのメリット

インビザラインのメリット

  • 透明なので目立たない
  • 矯正治療で感じる違和感が少ない
  • 矯正治療での痛みが少ない
  • 取り外し可能なため非常に衛生的
  • 装置が壊れにくい

インビザラインのデメリット

  • 取り外し可能なため、患者様でしっかり自己管理して頂く必要がある
  • 適応可能な症例が限られる

精密なマウスピースを作製するために必須なアイテロエレメント

世界最先端の口腔内スキャナー アイテロエレメント(iTero element)を導入

世界最先端の口腔内スキャナ アイテロエレメント(iTero element)を導入インビザラインでの治療を成功させるためには、患者様の歯の精密なデータを取ることが非常に重要です。

今までのインビザライン治療では、シリコンを使って取った患者様の歯型を空輸し、アメリカのインビザライン工場の特殊な専用スキャナを使って、患者様の歯型からデータを抽出するという、とても手間のかかる段階を踏んでいました。

しかし、歯科界の口腔内スキャン技術はここ数年で飛躍的に進歩しました。

矯正治療に必要な精密な歯のデータは口腔内専用スキャナで直接歯を撮影するだけで抽出可能になり、歯型を取る必要が無くなったのです。

そして、当院が導入したアイテロエレメント(iTero element)こそ、インビザラインに特化した口腔内専用スキャナなのです。

アイテロエレメント(iTero element)の特徴

アイテロエレメント(iTero element)の特徴

  • 精密なマウスピース矯正装置が作製できる
  • 歯型を取る際の不快感がない
  • 歯型をアメリカに空輸する必要がなく、より早く治療開始可能になる

アイテロエレメント(iTero element)の特徴更に、アイテロエレメント(iTero element)の最大の特徴とも言えるのが、スキャンしたその日、その場で歯並び治療を行った後のイメージ画像を確認することが出来るということです。

インビザラインのいいところ

1、透明で目立たない

透明で目立たない透明なインビザラインは目立たないため、相手に矯正していることを伝えない限り矯正しているとは気付かれることもなく、矯正治療中で安心して笑顔になることが出来ます。透明で目立たないインビザラインを使って矯正治療を行っていくことで、美しい歯並びを手に入れることが出来ますよ。

2、取り外し可能で衛生的

従来の矯正装置の場合、固定式で取り外すことが出来ないため装置にプラークが付着しやすくなりますが、取り外し可能なインビザラインは食事や歯磨きの際は取り外してケアを行うことが出来るため、歯や歯周組織を健康に保つことが出来るのです。

さらに、インビザライン自体も歯ブラシで簡単に洗うことが出来るので大変衛生的です。

3、話しやすい

従来の矯正治療のようにデコボコや厚みの無いインビザラインは薄くなめらか。そのため、発音障害が出てしまったりしゃべりづらさを感じることがありません。

人前で話すことが多い、接客の仕事をしているという人にも安心して矯正治療を始めて頂くことが出来ます。

4、食べたいものを食べることが出来る

お餅など粘着性のあるもの、ほうれん草などの葉物野菜は従来の矯正装置の場合、くっついたり絡んだりしてしまって煩わしいと感じることも。

インビザラインなら食事の時には取り外して普段と同じ様に食事が出来るため、食べたいものを食べて食事を楽しむことが出来、とても快適です。

5、ほとんど痛みが無い

従来の矯正治療に比べ、インビザラインは痛みの少ない矯正治療法です。なぜなら、インビザラインでは1つのマウスピースで動かすことの出来る歯の移動量は0.25mmと決められているからです。そのため歯に過度な力がかかり過ぎてしまうこともなく、ワイヤーやブラケットも使っていないため粘膜に当たって痛んだり、口内炎が出来てしまう心配もほぼありません。
また、マウスピースのため取り外しができるので痛みがある場合はすぐに外すこともできます。

6、金属アレルギーの心配がない

金属アレルギーの心配がないプラスチック製のインビザラインは金属アレルギーを引き起こす心配もないため、矯正治療を行おうとしたものの金属アレルギーで断念したという方にも安心して矯正治療を行って頂くことが可能です。

インビザラインの流れ

Step1初診相談

初診相談まずは患者さんのお口のお悩みをお聞きし、どのような治療が必要か、治療にかかる期間はどのくらいか、費用はいくらくらいになるかなどをご説明していきます。相談の結果、矯正をご希望されるという場合には精密検査をするためご予約を取ります。

当院ではメールでのご相談もお受けしておりますので、インビザラインについてわからないこと、不安や疑問点など御座いましたらお気軽にお尋ねください。
また、初回の矯正相談は無料ですので、歯並びや口元で気になることがありましたらお気軽にまずはご相談いただければと思います。

Step2精密検査

精密検査口腔内診査、レントゲン・口腔内写真撮影、歯型の印象採得など、インビザライン矯正治療を行うに当たって必要な精密検査を行っていきます。検査は約30分~45分ほどで終わります。

Step3コンサルテーション

コンサルテーション精密検査の結果をもとにして立てた治療計画について、クリンチェックと呼ばれる3Dシミュレーションを見て頂きながら説明を行っていきます。治療にはどのくらいかかるのか、虫歯や歯周病の治療が必要かどうか、お支払い方法についてもここでお話致します。

Step4インビザライン発注(マウスピース)

インビザライン発注コンサルテーションで治療について承認頂けましたらインビザラインを発注します。

インビザラインの発注のためには歯型を採ることになりますが、当院ではアイテロエレメントという装置にて簡単で精密な歯型を採得して患者様専用のマウスピースを作製していきます。
口腔内スキャナー(アイテロ)で口腔内を撮影し患者さんそれぞれの歯型を採得していきます。

Step5治療開始

歯の表面にアタッチメント(プラスチック)を付けて、最初のマウスピースを装着したり、取り外し方を練習していきます。注意事項などの説明も受けていただき、その後でマウスピースとアライナーチューイをお渡し致します。

この後は大体2週間後にご来院いただき、必要があればその後のご来院で歯のサイズの調整を行います。

ご自宅で行うこと

インビザラインは1日20時間以上装着して頂く必要があります。約2週間ごとに患者様ご自身で次のステップのインビザラインに交換して頂きます。来院は8週間に1回となり、治療にかかる期間は症状によっても変化します。

歯科医院で行うこと

8週間ごとに来院して頂き、歯の動き、口腔内の状態、インビザラインの使用状況などを確認します。

確認事項
  1. インビザラインの装着時間や状況
  2. インビザラインの適合状態
  3. かみ合わせ
  4. お口の衛生状態
  5. アタッチメント有無

Step6治療終了と保定

ここでは最終的なかみ合わせをチェックしていきます。

確認事項
  1. 計画通りに歯が動いているかどうか
  2. 治療後のレントゲン・口腔内写真の撮影
  3. かみ合わせの確認、調整

3~6ヶ月ごとの通院全てのアライナー装着が終わってからも更に歯を動かす必要があるという場合にはアライナーを追加するための型取り(リファイメント)を行って、治療を継続していきます。

特に問題がない場合は治療終了となり、保定に移ります。保定期間中は取り外し可能なリテーナー(保定装置)を装着していただき、3~6ヶ月ごとの通院で定期的に歯並びをチェックします。2年ほどで保定期間が終了します。

tel:03-3901-8911 24時間WEB予約
一番上に戻る